講座を探す

ホーム > 講座を探す > はじめての古文書

はじめての古文書

印刷する

講師

元天理大学教授

吉井 敏幸

  • くらし・趣味・教養
  • 教養・スキル
  • 週末に
回数・受講料3ヶ月6回 11,400円
体験料1,000円
残席あり
開催期間2019/07/06~2019/09/21
曜日・時間第1・3土曜日 13:00~14:30
体験・見学・途中入講

体験可能 見学不可能 途中入講可能

時代劇などで見る「くねくねした文字」
何が書いてあるのか読んでみたいと思いませんか?

現代の文字と全く違うようにみえる「くずし字」も、次第に読めるようになり、昔の人の考え方や社会のありようが見て感じられるようになります。

歴史が好きな方、巻物や資料がお家に眠っている方、この機会に新しい面白さを発見してみてはいかがでしょうか?


■内容
・講座では古文書を初めて読む方を対象に、社寺仏閣など奈良に関する史料の紹介も交えながら、主に江戸時代の古文書を読み解いていきます。

・あらかじめ古文書のコピーを配布し、プロジェクターで映写して読みと意味を説明します。読み本も配布しますので自宅に帰ってからも復習しやすいです。

・家にある解読できない文字を写真で撮ってきて、それをお持ちいただくことも可能です。

日程

2019/07/06(土) ×
2019/07/20(土) ×
2019/08/03(土) ×
2019/08/17(土) ×
2019/09/07(土)
2019/09/21(土)

【10月開講予定の日程】

2019/10/05(土)
2019/10/19(土)
2019/11/02(土)
2019/11/16(土)
2019/12/07(土)
2019/12/21(土)

講座の様子

受講生の声

・自宅に眠っていた書物を体験の時に持参しました。先生と読み解く中で興味が湧き、受講しました。

・奈良に関係のあることを授業で取り入れてもらうので興味がわきます。

・わからないことを丁寧に教えていただき感謝しています。

この講座を選んだひとはこんな講座もみています。

このページの先頭へ